痔の予防と改善に、口コミ評判の高いサプリメントを紹介

HOME » ソボクな痔のお悩み » かゆみをなくすには

かゆみをなくすには

痔にともなう「かゆみ」を「肛門そう痒症」と呼びます。

痔によって起こるかゆみの原因をチェック

かゆみによってさまざまな状態があるのですが、以下のような原因が一般的です。

  1. 肛門のシワの中に便が留まっていて不潔な状態になっている。このケースは、ジトジトした重たいかゆみを伴うことが多い。
  2. ウォシュレットのような温水便座で肛門を洗いすぎてしまい、粘膜が傷ついている。このケースは、乾燥した、表面的なかゆみを伴うことが多い。
  3. 痔核(いぼ痔)が外部に露出してしまい、それが下着でこすれ、患部の粘液で肛門部分がかぶれている。このケースでは、激しいかゆみを伴うことが多い。

1と2のケースに該当する人は、ひとまず肛門付近をていねいに拭くよう心がけましょう。ウォシュレットで軽く洗った場合は、お尻についた水分をしっかり拭き取るようにしてください。あまり神経質にならず、汚れがつかなくなった程度で切り上げるのがベターです。そのあとは、デリケートゾーン専用の軟膏やかゆみ止めなどを塗っておくことをおすすめします。

3のケースに該当する人は、他の場合と同じように清潔に保つのはもちろんですが、下着の通気性などにも気をつかうとよいでしょう。化繊だとムレてしまう場合がありますので、綿素材でできた下着がおすすめです。

いずれの場合も、掻いてしまうと症状が悪化してしまいます。強烈なかゆみに耐えるのはかなりつらいと思いますが、原因に応じた対策(湿っているなら湿り気を取る。乾燥しているなら軟膏を塗る等)を取って、根本的に痔を治せるよう、生活習慣に気を使ってみてください。

 
ページの先頭へ
痔の悩みに強い味方!注目のサプリメント