痔の予防と改善に、口コミ評判の高いサプリメントを紹介

HOME » 痔の種類と治療法 » 痔瘻

痔瘻

痔瘻(痔ろう)とは、肛門部に、肛門とは別の膿の管(ろう管)が出来てしまい、そこから膿が出てきたりする症状のことを言います。

自然治癒できない痔瘻(痔ろう)の症状と治療法

別名「穴痔」「蓮痔」ともいわれています。痔瘻(痔ろう)をいったん発症してしまうと、自然治癒はほぼ不可能。

完治させるには、手術が必要となってきます。膿の穴を覆い隠すように肉芽や皮膚が発生することもありますが、痔瘻(痔ろう)そのものが治ったわけではないので注意が必要です。

放置すると、体内で膿がさらに化膿し、ろう管が複数できてしまったり、枝分かれしたろう管が、体内で網目状の組織になってしまうこともあります。

また、直腸に近い肛門部分でろう管が発生すると、膿の出口である痔瘻(痔ろう)がないことによって、発熱やガス壊疽、敗血症にまで発展してしまうことも。

痔ろうを放置すると、癌(痔瘻癌)を発症させることにもつながり、たいへん危険です。これを防ぐためには、肛門内の瘻管を切開してやり、膿を排出させてやらなければなりません。

痔瘻(痔ろう)は、ほとんどの場合、直腸と肛門の粘膜部分の境目、「肛門小窩」というヒダに下痢などの時に便が入りこみ、さらに傷ついた粘膜の周辺で細菌が繁殖し炎症を起こすことから始まります。

この肛門内部で発生してしまった膿が、さらに化膿を引き起こし、ついには肛門周囲に、肛門とは別の膿の出口が出来てしまった状態が痔瘻(痔ろう)です。

痔ろうは、生活習慣の見直しや軟膏などではどうにもなりません。一刻もはやく医師の治療を受けることが大切です。

 
ページの先頭へ
痔の悩みに強い味方!注目のサプリメント