痔の予防と改善に、口コミ評判の高いサプリメントを紹介

HOME » なぜ、痔ににんにくサプリなのかを徹底検証 » 番外編 にんにくは痔の湿布薬としても活躍

番外編 にんにくは痔の湿布薬としても活躍

このページでは、ツラい痔の痛みに昔から用いられてきた方法“にんにく湿布薬”について、くわしく紹介していきたいと思います。

「ツラい痔の症状に悩んでいる……」「とにかく痔の痛みをどうにかしたい…!」といった方など、痔の痛み・症状にお悩みの方、皆さんに参考にして頂ける内容となっています。ぜひチェックして、実践してみてくださいね。

痔の痛みをやさしく和らげる「にんにく湿布」

痔の痛みというのは、排便の時はもちろん、普段の生活や仕事などにも支障をきたすほど、ツラいものですよね……。

そんな痔の痛みに是非オススメなのが、蒸し焼きにしたにんにくを用いて湿布薬をつくり、患部に当てる「にんにく湿布」です。にんにくには、血行を良くして患部を温めたり痛みを和らげる作用があるため、それが痔の痛みに効くと言われているようです。

これは意外と知られていない痔の痛みに対する対処法なのですが、にんにくは、昔から痔の患部の痛みを和らげるのに用いられてきた、名アイテムなのです!

以下に、簡単ではありますが、そんな昔から痔の痛みに用いられてきた「にんにく湿布」のつくり方と、利用手順を紹介したいと思います。

1.「ひとかけずつバラす」
まず始めに、にんにくを、ひとかけずつにバラして準備をします。

2.「アルミホイルに包む」
次に、バラしたにんにくを、薄皮は剥かず、そのままの状態でアルミホイルに包みます。

3.「オーブントースターで焼く」
アルミホイルに包んだら、オーブントースターに入れてにんにくが柔らかくなるまで焼きます。

4.「ガーゼに包む」
にんにくが柔らかくなって焼けたら、薄皮を剥き、ガーゼに包んで「にんにく湿布」の完成です。

5.「患部に当てる」
出来上がったにんにく湿布を、患部の痛むところに優しく当てましょう。就寝前に患部に当てて寝ると、痛みに効果が出るようです。

ご自分はもちろん、ご家族や友人など痔の痛みにお悩みの方がいたら、ぜひ教えてあげてみてはいかがでしょうか?昔から私たちを悩ませてきた痔に対する、身近なにんにくを使った先人の知恵ですね。

 
ページの先頭へ
痔の悩みに強い味方!注目のサプリメント