痔の予防と改善に、口コミ評判の高いサプリメントを紹介

HOME » なぜ、痔ににんにくサプリなのかを徹底検証 » アリチアミンの血管拡張効果

アリチアミンの血管拡張効果

このページでは、当サイトのイチオシ「にんにく玉」をはじめ、にんにくサプリメントが痔の予防・改善におすすめされる理由である“アリチアミンの血管拡張効果”について、くわしく解説しています。

にんにくサプリメントのくわしい効果を知りたいという方、また、現在にんにくサプリメントの使用をお考えの方など、皆さんぜひ参考にしてくださいね。

にんにくの血管拡張効果で痔を予防!

前ページ「腸内を正常化するしくみ」の中でも少し触れましたが、ツラ~い痔の原因のほとんどは、“慢性化した便秘と下痢”、また、それによる“肛門部のウッ血”であると言えます。

また人間はお尻の位置が心臓より低いため、他の動物のように肛門に送り込まれた血液がスムーズに心臓へと戻りにくく、いつも肛門に血液がとどこおって、ウッ血してしまいがちなのです。これが、痔の大きな原因につながってしまいます。

これら、“慢性化した便秘と下痢”そして“肛門部のウッ血”を予防・解消するのに、にんにくは頼もしいパワーを発揮してくれます!

にんにくの摂取によってビタミンB1から変換する「アリチアミン」には、抹消血管を拡張して、血行を促進してくれる働きがあります。便秘や下痢の場合、内臓は緊張して冷えきっているのですが、この「アリチアミン」の血管拡張作用によって保温効果が上がり、ぜん動運動が活発化されて、腸内の活性化が行われるのです。

血行が良くなれば、慢性便秘・下痢の改善につながるとともに、直腸のうっ血も改善され、痔の解消へのアプローチとなるわけです。

さらに、アリチアミンの持つもうひとつの働き“神経の緊張をほぐし正常に働かせる機能”によって、神経組織に対しても沈静・安定効果を与えるので、交感神経の高ぶりが抑えられ、逆に副交感神経が目を覚まして、本来の腸の機能に働きかけてくれます。(※消化器系や腸は、副交感神経によって作動するよう命令されます。)

このように、腸にさまざまな効果をもたらすアリチアミン。その元となるにんにくを摂取して、ツラい痔を解消へと導きませんか?

 
ページの先頭へ
痔の悩みに強い味方!注目のサプリメント